松藤春蝉が鶴峯八幡宮の御札箱題を揮毫

29年1月、隷書で「鶴峯八幡宮」の御札を入れる箱の題字を揮毫しました。

 鶴峯八幡宮(つるみねはちまんぐう)は、千葉県市原市中高根にある神社で、1277年に創建され、誉田別命(応神天皇)、息長帯姫命(神功皇后)、玉依比売命を祭神とする、740年続く歴史ある八幡宮です。
毎年10月の第3日曜日に行われる秋祭りでは、千葉県指定無形民俗文化財に指定されている「十二座神楽」が奉納されます。